別荘、ログハウスに関する知識。

貸し別荘の利用

■貸し別荘とは

 別荘は、長期休暇の時など、一時的に利用出来ればいいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。仕事の疲れのリフレッシュのためや家族とゆっくりと過ごすためなど理由は様々だと思いますが、別荘を購入してまでとは思わないかも知れません。そこで推薦したいのが、「貸し別荘」です。貸し別荘とは、軽井沢 別荘などの施設をまるごと貸し切りで利用するタイプの宿泊施設のことです。グループ旅行、合宿、研修旅行の他、家族旅行でもよく利用されます。主に一戸建てタイプが多いですが、貸し別荘にもいろいろなタイプがあります。連棟式(1棟内に複数戸、玄関は別々)や、マンションの1室を借りるようなコンドミニアムタイプなどさまざまです。建物も、洋風の貸別荘から民家風の貸別荘、また、丸太で作られた本格的なログハウスもあるため、自分好みの別荘を借りることができます。ホテルやペンションなどは通常食事が付きますが、コテージや貸し別荘の場合は、原則として自炊となります。そのため、キッチンには調理器具、食器類などが用意されていますので、材料を持参して、自由に食事を作ることが可能となっています。もちろん、外食やケータリングサービスを利用しても問題ありません。バーベキュー施設もありますので、家族や仲間同士で楽しく賑やかに過ごすのも良いでしょう。バーベキューは、貸し別荘を利用する際の醍醐味でもありますので。バーベキュー設備は、ほとんどの貸し別荘で用意されていますが、器具の貸し出しについては有料の場合がありますので、 事前に確認するようにしましょう。

■貸し別荘の選び方

 貸し別荘の最大のメリットは、何より周りに気兼ねしなくてもいいという点ではないでしょうか。少しぐらい賑やかになったとしても、周りの人たちに迷惑がかかることは、あまりありません。しかし、貸し別荘にもいろいろなタイプがあります。コンドミニアムタイプから、一戸建てタイプまで様々です。どのタイプの貸別荘を選んだらいいのか、恐らく迷ってしまうのではないでしょうか。貸し別荘の中には、管理が不十分で困ったしまうようなことも起きたりします。やはり何を始めるにしても、事前に情報は必要ですよね。そこで、貸し別荘の選び方をご紹介したいと思います。

・自分の目で確かめる

 何であれ、自分の目で見て確かめることは重要です。近くにお住まいの方で、時々「下見をさせてほしい」と言う方がいます。近い方なら良いのですが、中には仕事で出張の帰りに寄ってみたとか、用事があって近くまで来たので寄ってみたという方もいますので、忙しい方は難しいかもしれません。しかし、自分が借りる別荘を一度は自分の目で確かめることをお薦めします。今すぐに利用する予定がなくても、これはと思う貸し別荘があったら普段から心に留めておき、近くを通りかかったら寄って見ておくことが、いずれ役に立つことに繋がります。特に、身内だけならいざ知らず、グループ旅行の幹事を引き受けた場合は、下見はとても大切です。下見せずに貸し別荘を借りてみたら、「幹事の面目丸つぶれ、仲間に合わせる顔がない」と言った例もあり、こうなると旅行代金を失っただけでなく、楽しい旅の思い出や信頼も失われてしまう可能性も起こるかもしれないのです。

・身内や仲間にお願いする

 どうしても忙しくて、自分で確かめることが出来ない場合は、借りようとする貸別荘の近くに、身内や仲間の方はいませんでしょうか。いないのであれば同行するグループの中に、そのような方を知っている人はいないかどうか確認することをお薦めします。いるようなら、建物の外観だけでも見に行っていただくようにお願いすると良いでしょう。逆に、仲間が借りてみて「良かった」という貸し別荘を利用する、いわゆる「口コミ」を利用するのも一つの方法です。同様にインターネットでは、掲示板を使って自分にあった貸別荘の情報を求めるている方もいます。旅行までに時間がある場合は、インターネット掲示板を活用して調べるのも良い方法です。

・貸し別荘の管理・清掃は行き届いているか。

 貸し別荘の「運営者」が地理的に離れているなど、別荘を常時点検管理にいけない場合は、別荘の近くに「管理者」を置くことになります。別荘管理会社に委託するにしろ、アルバイトに委託するにしろ、良い管理を行うには高いモチベーションが必要となります。お客様の苦情やお褒めの言葉を受けるのは、予約等の業務を扱う「運営者」でしょうが、それらお客様の言葉の「心」まで、「運営者」は「管理者」に伝えるなければいけないものです。また、別荘を「管理・清掃」していると、不具合や改善点に自然と気がつくものですが、アルバイトや別荘管理会社など「外部委託」の場合は、決められたことしかしないのが普通だと思います。決められた時給では、できるだけ余計なことはやりたくないものです。「貸別荘運営者」は、どうしても別荘の状態を把握するために、別荘にまめに足を運ぶことが必要になってくるでしょう。結論としていえば、「貸別荘運営者」と「管理・清掃する者」は、同一人物であることが最も望ましいことと言えるのです。そして、「貸別荘運営者」は、まめに別荘に行ける地理的距離に居住していることが、「良い管理」に最低限必要なことだといえます。そういった点も、別荘を借りる際に考慮してみると良いでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2015/2/18

Copyright (C) 2008 別荘空間. All Rights Reserved.