アイドマホールディングスのセールスクラウドは使えると評判がいい? 口コミを調べました

営業電話をかけるとき、どのようなシステムを使っていますか?

自社の顧客管理システムを兼用している、システムは使わずにエクセルのリストを見て電話をしている、という会社も多いのではないでしょうか?
しかし専用のシステムがあるだけで、電話営業の効率は格段に上がります。

今回はアイドマホールディングスの「セールスクラウド(Sales Crowd)」について調べてみました。

アイドマホールディングスのセールスクラウドの特徴

セールスクラウドはクラウド型の営業支援システムです。主な特徴は下記のとおりです。

電話機不要でインターネット回線から電話ができる。

電話代がかからないばかりか、画面上の電話番号部分をクリックするだけで発信できるので、電話番号を入力する手間も省けます。

あらかじめ200万件のテレアポリストが入っているため、新規にリストを用意する必要がない。

200万件のデータベースの中から好きなリストを1件5円で提供してもらえます。自社で用意する場合の手間や人件費を考えると、十分に安いと言えるでしょう。

架電禁止企業の一覧が共有できる。

自社内で架電禁止としている企業を一覧で見られるだけでなく、既に登録されているリスト、これから登録するリストとマージし、架電対象から一括で省くことができます。

架電結果を属性ごとに確認できる。

架電結果を入力時に登録された属性から選択することで、入力の手間を省くだけでなく、後から属性ごとにデータを抽出することも可能です。

架電結果を自動的に解析してくれる。

分析する項目を「サービス(商材)」「プロジェクト」「台本」「担当部署」「担当」の5つから選択でき、さらに時間/日/月単位、アポ件数推移、アポ率、断り理由等の切り口から分析することが可能です。

また、架電する人の時給から「アポイント1件を取得するのにかかったコスト」を算出することもできます。
以上の特徴を備え、これひとつで電話での営業活動が完結できるようなシステムになっています。

セールスクラウドを使うことでどんな未来が手に入る?

まず、営業リストをバラバラに持つことによって生じていた不幸がなくなります。

リストを自社で作る場合、ある程度重複が起こってしまうことは避けられないかと思いますが、リストを各自で管理していると、たった今電話した会社にまたすぐ別の人が電話してしまうということもあり得ます。

相手方に不信感を与えてしまうこともありますし、最悪取得していたアポイントをキャンセルされてしまうかもしれません。

しかし、セールスクラウドでリストをリアルタイムで一括管理すれば、こういったことは起こらなくなります。

また、パソコンからクリックひとつで発信できるため、電話番号の入力時間が削減でき、入力ミス(間違い電話)も減らすことができます。
実際、ある会社では1時間の平均架電件数が16件から28件に向上し、月間のアポイント件数がおよそ2倍になったとの報告もあります。

分析機能を活用してトークスクリプトのブラッシュアップを行なうことや、反応率のいいターゲッティングの明確化を行うこともできます。
ターゲッティングの見直しにより、アポイントの取得率が118%向上した会社もあります。

分析のためにデータをエクスポートしたり関数を入力したりせず、クラウド上の機能だけで分析ができるため、PDCAサイクルを効率的に回すことができます。

結論、アイドマのセールスクラウドはおすすめ!

これまで見てきたように、様々な機能のあるセールスクラウドですが、初期費用が0円、従量課金も0円で、1アカウントあたり4,980円という料金体系にも魅力があります。

新規開拓の営業は状況によって人数の増減が必要な場合があります。1アカウント単位の契約であれば、状況の変化にも柔軟に対応でき、無駄な費用をかけずに済みます。

また、導入の際、最初は少人数から試してみて良ければ正式に採用する、という使い方もできます。初期費用もかからず、クラウド型のサービスなのでソフトのインストール等も必要ありません。導入にかかる日数も最短2日と短いため、導入のハードルは低いと言えるでしょう。

これまで自社で電話営業を行っていなかった会社の場合は、いきなりシステムを導入するのはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、オプションで電話営業チームの採用~教育までのサポートや電話営業以降の営業管理、その他のアドバイス等も受けられるので、これから電話営業を始めようという会社にもオススメできるサービスです。

まとめ

導入コストが低く、電話営業に付随する手間を最小限に抑えられるセールスクラウドは、電話営業を行う上で力強い味方になってくれることでしょう。
特におろそかになりがちな分析を簡単に行える機能は、架電を行うメンバーそれぞれの意識改革にも役立つのではないでしょうか。

一度実際の画面を見てみたいという場合は、1週間の無料トライアルキャンペーンに申し込んでみるのもいいと思います。
サービスを提供している株式会社アイドマ・ホールディングスのHPから問い合わせてみてください。